ヨガダイエットのコツ(食事法)

こんにちはLEANYの櫻澤です。

 

今回は、ヨガダイエットのコツ(食事法)についてお伝えしていきたいと思います。

これから紹介する食事法は個人差がありますので、自分に合わないと思った場合はすぐに止めて下さい。ダイエットやヨガもそうですが、食事も自分にあったものが一番良いので必ずしもこの通りに実践する必要はなく、出来ることから試してみて下さい。

 

    1. 空腹の時間を意識して作る
    2. 進んで摂りたい食材
    3. 食品添加物、人工甘味料等を避ける
    4. ヨガをする時、就寝の2時間より前に食事を摂る

 

 

【空腹の時間を意識して作る】

ハンバーガー

可能であれば週1日断食をしてみて下さい。空腹は体内に溜まった毒素を排出し、消化をする時に使っていたエネルギーを使わず、休める事で体調が改善されます。

【進んで摂りたい食べ物】

健康的な食事

 

肉類は消化に時間がかかるので避けてみて下さい。一般的に肉類は消化に半日から一日かかるそうです。それに比べ野菜や果物は数時間で消化されます。

 

食品添加物、人工甘味料等を避ける

不健康な食品

ダイエットでヨガと食事を併用する場合はなるべく食品添加物や人工甘味料を避けましょう。ヨガの基本的な概念として刺激物や科学物質を食べるべきでは無いとされています。またそれらの食品は注意力が散漫になったり、エクササイズを妨げる可能性があるそうです。

     

    ヨガをする時、就寝の2時間より前に食事を摂る

    エクササイズ

    消化にはエネルギーを使います。ヨガをしている時、ヨガにエネルギーを集中できるように少なくとも2時間前には食事を終えましょう。また就寝中は消化にエネルギーを使うことで疲れが取れにくくなりますので就寝前も同様に2時間前には食事を終えるようにしましょう。



    今回は、ヨガダイエットのコツ(食事法)を紹介させて頂きました。今後もブログでヨガやファッション、LEANYの情報について発信していきます。 もちろんお得なクーポン情報も発信していきますので、ぜひLEANYの会員登録をよろしくお願いします。

     ↓↓会員登録はこちらから↓↓ 

    https://leany.shop/account/register