基本のヨガポーズ(前編)

こんにちはLEANYの櫻澤です。

 

今回は、基本のヨガポーズについて2回に分けてお伝えしていきたいと思います。

これらのポーズはヨガの基本的なポーズです。各ポーズをゆっくりと体を動かしながら、しっかりと呼吸することを忘れないように注意して下さい。特に息切れをしてしまう場合は、難しいと感じたポーズの後で一時停止し、呼吸が正常に戻ったら再開して下さい。

 

    1. Vyaghrasana 子供のポーズ
    2. Suryanamasker 下向きの犬のポーズ
    3. Phalakasana プランクポーズ
    4. Chaturanga Dandsana 四肢杖のポーズ
    5. Salamba Bhujangasana スフィンクスのポーズ

 

【子供のポーズ 1〜3分】

 

【下向きの犬のポーズ 1〜3分】

  • 子供のポーズから、手を床に置き、膝の上に座り、お尻を持ち上げて天井に向かい押し上げます。
  • 指を大きく広げます。足をまっすぐにし、かかとを地面に向けて下げます。
  • 腕の間で頭をリラックスさせ、足を通して、またはへそに向かって視線を向けます。
  • 1〜3分間保持します。

     

    Phalakasana プランクポーズ
    プランクポーズは、体幹、肩、腕、脚の強度を高めるのに役立ちます。

    • 腕立て伏せの姿勢をする。
    • 両手を肩幅に広げる。
    • 足は拳一個分離しつま先を立てる。
    • 15〜30秒その姿勢を維持する。

     

    Chaturanga Dandasana 四肢杖のポーズ
    体幹全体を鍛えることができます。

    • プランクのポーズから肘を90度曲げます。
    • 体が一直線になるようにします。
    • 首が下がらないように少し前方に目線を向けます。
    • 15〜30秒間姿勢を維持します。

      【スフィンクスのポーズ】

      • お腹を床に付け、足を合わせて後ろにまっすぐ伸ばします。
      • 胸を床から持ち上げながら離し、肘を肩の下に置き、前腕を床に置きます。
      • 腰と太ももを床に押し込み、肩をリラックスさせながら背骨を伸ばすことを意識して下さい。
      • 腰のストレッチを感じるのに十分なだけ続けます。
        過度に伸ばさないでください。不快感や痛みを感じ始めたらすぐに止めてください。
      • この位置を1〜3分間保持します。



       今回は、基本のヨガポーズ(前編)を紹介させて頂きました。次回も基本のヨガポーズについて書いていきます。今後もブログでヨガやファッション、LEANYの情報について発信していきます。 もちろんお得なクーポン情報も発信していきますので、ぜひLEANYの会員登録をよろしくお願いします。

       ↓↓会員登録はこちらから↓↓ 

      https://leany.shop/account/register